1. トップページ
  2. 混合肌・インナードライ・敏感肌の肌質改善スキンケア方法

混合肌・インナードライ・敏感肌の肌質改善スキンケア方法

混合肌の場合

女性の混合肌はインナードライ肌であることが大半。

乾燥肌の肌質改善スキンケア方法をベースとして続けます。

また洗顔時は、皮脂が多い部分とそうでない部分で洗う時間をはっきりと変えること。

顔全体に洗顔料の泡を乗せると、純粋に乾燥している部分はセラミド流出が激しくなります。

乾燥している部分は残った泡で最後に軽く洗う程度にしてメリハリを付けましょう。

インナードライ肌の場合

インナードライ肌の場合、オイリー肌と思っていても、実は乾燥に気づいていないタイプの人が結構います。

乾燥肌なのにストレスでオイリー肌という人もいますし、肌の生理現象で乾燥を防ぐために皮脂が多く出ている人もいます。これはどっちなのかは判別つきません。

どっちにしても、やるべきことは保湿ケアです。

そして洗顔・クレンジング方法の見直し。

オイリー部分のスペシャルケアとしては、やはりビタミンCが美容液で整えるといったところでしょう。

敏感肌の場合

敏感肌の場合は乾燥肌の場合と同じです。

ただ既に敏感になっているため、使える洗顔や基礎化粧品は限られるのが難点。

敏感肌使用O.K.となっていても全くダメということも多いです。

セラミドの重要性を理解しているブランドの中から、刺激感のないものを粘り強く探していくしかありません。

結局は正しい保湿ケアがベースになる

ストレス由来の皮脂過剰は、そのストレス原因を解消しないかぎり、できることはせいぜいビタミンC美容液を使うことくらいです。

ただ、女性の場合は男性と違い、純粋な皮脂過剰オイリー肌ではなくてインナードライのことが大半。

その意味ではやっぱり保湿ケアをやらないとダメということ。

そして敏感肌も乾燥によるバリア機能低下が原因なので、やはりこれも保湿が重要ということになります。

つまり、突き詰めれば詰めるほど、保湿ケアしかないという結論になります。

肌質改善を本気で考えるなら、肌に過剰な負担を与えず、必要最低限の保湿を維持する。これしかありません。