1. トップページ
  2. 皮脂過剰な人の肌質改善スキンケア方法

皮脂過剰な人の肌質改善スキンケア方法

皮脂過剰はインナードライ肌の疑いも必要

脂症の肌質です!

と言っている女性を皮膚科医が診てみると、大半は隠れ乾燥肌でインナードライだったという話があります。

なので、女性の場合はオイリー肌だからといって、保湿を無視してはいけないということです。

皮脂が多い人が保湿をするとテカったり不快感が増すと思われていますが、そこそこ皮脂が多い男性でも保湿ケアを始めると、意外に不快感はないし調子がいいというくらいです。

皮脂はすっきり取り過ぎない

洗顔時に皮脂をがっつり取り過ぎると、その際にセラミド、NMFも一緒に流出してインナードライになり、余計に皮脂が増えてしまいます。

皮脂が多いと肌に悪いと言われますが、それは酸化して汚れた皮脂だけで、洗顔でほどよく洗えばその汚れた悪い皮脂はちゃんと落ちます。

むしろ綺麗にしすぎると余計に乾燥してオイリー肌がひどくなってしまいます。

一度、泡立たないタイプの馴染ませるだけの洗顔に変えてみるのも一つの手。

この手のタイプの洗顔料に変えると、自然に洗いすぎが防げて、皮脂もいい感じに残してくれるのでインナードライ肌の進行予防にもなります。

万能美容成分のビタミンCでさっぱり

皮脂過剰の原因はストレスですが、そのストレスを解消するのは正直困難。

なので、せめて加えるならビタミンC美容液です。

ビタミンCは様々な美容効果があり万能成分。その中でも皮脂が多い人にはちょうどいいとされており、あらゆる悩みを同時にアプローチしてくれるため、ベタベタで困っている人にはうってつけです。

保湿は皮膜を作らないタイプがベスト

保湿も忘れてはいけません。

保湿不足の肌は絶対に綺麗になりません。脂性肌の肌質で保湿は不快だから…というのは大間違いです。

もちろんさっぱりしたベタつかないタイプの基礎化粧品で構いません。

ただ、肌表面に皮膜をしっかり作るタイプは避けるべきです。

というのは、多すぎる皮脂の行き場が毛穴だけになってしまい、毛穴の皮脂過剰が進行してニキビができやすくなるからです。

ヒアルロン酸はまだいいですが、スーパーヒアルロン酸やリピジュアなどは皮脂過剰の肌質にはあまり合いません。

セラミドやライスパワーエキスNo.11などがおすすめ。